Home > ご両親の役割

小児矯正治療に一歩を踏み出すのはご両親の役割

小児矯正治療のご両親の役割
子どもの成長発育時期のちょっとした癖や習慣は、大人になってからの歯並びにまで影響してしまうことがあります。子どもの場合、小さいうちに治療すれば、それで終了という訳ではなく、多くの場合、永久歯の歯並びが完成するまで、長期にわたりフォローしなければなりません。

欧米では、親は子どもが生まれたと同時に“矯正治療積み立て貯金”を始めます。それだけ小児歯科矯正治療が普及し、それが親の責務だと認識されています。それは「歯並びやかみ合わせが悪ければ当然治療を受けるべき」という考え方が定着しているからです。

お子さんには、自分から「歯並びやかみ合わせがおかしい」と感じて「治したい」と思う意思がありません。お子さんの人生を考え、小児歯科矯正治療に一歩を踏み出すのはご両親の役割です。大人でも歯科矯正治療が出来るという時代になりましたが、それでも子どものうちから治療を行うメリットはいまだ大きなものがあり、するとしないでは最終的な歯並びの良し悪しにも大きく影響します。

医療法人秀元会グループの各医院では、少ない負担で治療を始められる各種分割払いをご用意しております。ご両親が少しでも気になった時点で、ご相談ください。

歯並びの異常を知らせるサイン

  • 歯ぎしりをする
  • 口での呼吸が多い
  • 顔の左右のバランスが悪い
  • 指しゃぶり・おしゃぶりがやめられない
  • 出っ歯や受け口
  • 話し方がおかしい・かつ舌が悪い
  • 永久歯へ生えかわる時期の乳歯と乳歯の間に隙間がない

食事の噛み方も注意して見ましょう

食の欧米化や生活習慣や環境の変化は、子どもたちの顎を小さくし、歯並びにも悪影響を与えています。子どもの歯に責任を持つのは親の役割です。お子様の食事の噛み方からもお子さんのお口の状態を知ることができます。

ポイント1.食事の際、片方のあごで噛んでいる

できるだけ左右均等に良く噛んで食べることが大切です。噛む数が少ないと片噛みの原因にもなります。いつも同じ側で噛んでいると、噛んでいる片側の方に輪郭が変形することがあります。

ポイント2.口の開きが小さい

今の子ども達は食の欧米化などもあり、噛むことが少ないため、あごの成長が弱く、口を大きく開けられない子が多くなっています。 また、「痛くて口を大きく開けられない」、「お口を大き く開けるとカクカクと音がする」という顎関節症が、近年子ども達にも増えてきています。

ポイント3.食事に時間がかかる

食べるのが遅く、食事に時間がかかってしまうのは、開咬が原因の場合があります。開咬とは、奥歯はしっかり噛んでいるのに、前歯が開いてしまっている状態で、前歯でものが噛めないため、食べるのが遅くなってしまいます。一度、矯正専門医のチェックを受けることをお勧めします。

将来の歯並びのための小児矯正の重要性

小児矯正の重要性
矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの改善を目指した治療です。
大人の矯正治療は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。それに対して、小児矯正はあごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえるかみ合わせを治療します。

適切な時期に治療を開始することによってお顔つきの成長のバランスを整えて歯を抜かない矯正を目指します。
成人になっても矯正はできますが、大人になってから治療を始めるよりもメリットが大きいです。

こどもの矯正歯科は、いつ治療開始をすれば効果的なのか?今、矯正歯科治療は本当に必要なのか?などの診断がとても重要です。
こどもの矯正の治療開始時期については、歯並びの状態によって様々で、個人個人の歯並びの状態で決まります。

小児期に歯並びやかみ合わせが悪いと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けたり、虫歯や歯周病、顎関節への影響が出てきます。小児期に歯並び・かみ合せの治療を行うことでこれらの心配を予防することができます。

目安として「7歳までに」歯科矯正治療の検診を受けてみましょう

歯科矯正治療は7歳までに
お子様が一生涯健康に、そして素敵な笑顔でいられるようにと希望されていることと思います。お子様が素晴らしい笑顔の恩恵を受けられるようにするために、7歳までに検診を受けることをお勧めしております。

初期に検診を受けることによって、歯の生え方に応じて起こりうる潜在的な問題や、顎の発達の状況を早期にチェックすることができます。子どもの発育はとても早いので問題が深刻になる前に治療を受けることが肝心です。

最近のお子さんの傾向として顎の骨は小さくなり、歯の大きさは変わってないので、キレイに生えることができず、噛み合わせも悪いお子さんが増えています。
小児から矯正治療を始めていくことで、上下の顎のバランスを成長に合わせて治していくことが可能になります。そのため、永久歯の完成した時期に歯並びを治すために抜歯をしたりする可能性は低くなります。歯並びが悪いのを放置しますと、極端な場合では姿勢が悪くなり、持久力や集中力が低下してきたり、小学生でも顎の関節の痛みや肩こり、腰痛を訴えたりします。成長や歯の生え変わりに合わせて治療していきますのでどうしても期間は長くなりますが、装置も簡単なもので済む場合も多く、かえって費用も安くなる場合も多いのです。

お子様に合わせた小児矯正治療を行ないます

八重歯や出っ歯など、ひとりひとりお口の状態は異なります。お口の状態に合わせ、最適な矯正治療のプランを考えます。矯正治療の方法、装置の種類、治療期間や費用など、気になる点、不安な点は全て解決したうえで治療を開始しますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

歯並びが悪くなると…

歯並びが悪くなると、以下のようなことが生じてくる可能性があります。特に精神面については、矯正治療を行うことで、今まで笑わなかったお子さんに笑顔が見られるようになったケースもあります。矯正治療でコンプレックスを解消し、歯並びやかみ合わせを美しく自然に治してあげれば、お子さんの心の健康を守ることができます。

  • 1. 歯磨きがしづらく、虫歯になりやすい
  • 2.よく噛めないため、あごの成長が遅くなってしまう
  • 3. よく噛めないため、すぐに飲み込んでしまい、肥満になりやすい
  • 4.かみ合わせが崩れ、あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
  • 5.息が漏れやすく、発音やかつ舌が悪くなる
  • 6.歯並びに対するコンプレックスから消極的な性格になりやすい

仕上げみがきが大切です

子どもがひとりで上手に歯をみがけるようになるまでは、保護者の方の仕上げみがきが必要です。
歯と歯のすき間、歯の裏側、奥歯のみがきにくい所などは、ていねいにみがいてあげてください。
毎日の「仕上げみがき」がお子さんの歯を守ります。

Home > ご両親の役割

メタ情報

Return to page top