Home > 小児矯正歯科について

小児矯正歯科について

小児矯正歯科について

最近のお子さんの傾向として顎の骨は小さくなり、歯の大きさは変わってないので、キレイに生えることができず、噛み合わせも悪いお子さんが増えています。
小児から矯正治療を始めていくことで、上下の顎のバランスを成長に合わせて治していくことが可能になります。
そのため、永久歯の完成した時期に歯並びを治すために抜歯をしたりする可能性は低くなります。
歯並びが悪いのを放置しますと、極端な場合では姿勢が悪くなり、持久力や集中力が低下してきたり、小学生でも顎の関節の痛みや肩こり、腰痛を訴えたりします。
成長や歯の生え変わりに合わせて治療していきますのでどうしても期間は長くなりますが、装置も簡単なもので済む場合も多く、かえって費用も安くなる場合も多いのです。

当グループではお子様に合わせた小児矯正治療を行ないます

お子様に合わせた小児矯正治療
八重歯や出っ歯など、ひとりひとりお口の状態は異なります。
お口の状態に合わせ、最適な矯正治療のプランを考えます。
矯正治療の方法、装置の種類、治療期間や費用など、気になる点、不安な点は全て解決したうえで治療を開始しますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

小児矯正(子供矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。

小児矯正は、開始する時期の違いによって1期治療と2期治療に分けることができ、1期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。
2期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。

  • 1期治療ではあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています
  • 2期治療はすべての永久歯の位置を整えるため本格的矯正装置による治療です

小児矯正の治療時期の目安

  • 1期治療(骨格矯正)・・・4歳~11歳
  • 2期治療(歯列矯正)・・・11・12歳~成人

1期治療について

お子様に合わせた小児矯正治療
1期治療はまだ小さく柔軟なお子様のあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。
このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もあります。

1期治療の利点

メリット1. 永久歯の抜歯の可能性が減ります。

顎を広げたり顎の成長を促す事により抜歯の可能性を減らせる事ができます。(成長後矯正治療をした場合2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも小児期に矯正治療を行う事によって非抜歯となる可能性もあります)

メリット2. 顎の左右のバランスを整えることができます。

あごが成長する子どもの時期に、不正なかみ合わせを放置すると、あごの成長に悪影響を及ぼし、あごが変形してしまうことがあります。
あごの成長期にかみ合わせを改善することで、バランスのとれた偏りの無いかみ合わせに改善され、顎の成長のバランスを整えることが出来ます。

メリット3. 外科矯正の可能性を減らす事ができます。

歯の生え変わりの時期に歯の傾きが原因で受け口、出っ歯、交差咬合、開咬などになっている場合、放置する事により噛み合わせが悪化し、成長が止まる頃には顎の前後のずれが大きくなりすぎて顎の手術を併用した外科矯正が必要となることがあります。早めに噛み合わせを治す事により正しい成長バランスが可能となって手術の必要性が減ります。

メリット4. 最終的な歯並びをきれいにすることができる

永久歯が大きく、通常、本格矯正の際に抜歯が必要となるケースであっても、子どものうちから矯正治療を始めることで、あごの成長をバランスよくコントロールし、よりきれいな歯並びに導くことができます。

メリット5. 固定式装置を付ける期間を減少する事ができます

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

メリット6. コンプレックスの解消

出っ歯や受け口などの見た目の特徴は、子ども同士のからかいやいじめの原因になりがち。
また悪い歯並び自体がコンプレックスとなり、お子さんの明るい笑顔を奪ってしまいます。
矯正治療で歯並びやかみ合わせを美しく自然に治せば、お子さんの心の健康を守ることができます。

メリット7. むし歯になりにくくなる

歯並びが悪いと、すき間や凹凸ができて食べカスが挟まりやすくなります。
歯磨きをしてもブラシが届きにくく、磨き残しからむし歯となってしまうのです。
矯正治療で歯並びを整えれば食べ残しや磨き残しが減り、むし歯になりにくくなります。

メリット8. 費用が安くすむ場合がある

子どもの頃からの早期検診、早期治療で、将来的な費用が安く済む場合があります。

2期治療

2期治療

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う全体的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。 すべての不正咬合が治療対象になりますが、例外的にあまりに骨格 的 に前後、左右などのバランスがずれてしまっている患者さんでは成長が止まるのを待って外科矯正を行う場合があります。

大人になってからの影響

大人になってからの影響

子どものうちの悪い歯並びやかみ合わせを放置してしまうと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けたり、虫歯や歯周病、顎関節への影響が出てきます。
小児期に歯並び・かみ合せの治療を行うことでこれらの心配を予防することができます。

大人になってから、自分で決断して矯正治療を受けることももちろん可能です。
しかし、10代半ばからの多感な時期に自分の歯並びがコンプレックスとなり、消極的な性格になってしまうなど、精神面での影響も大変大きなものがあります。

子どものうちから矯正治療を行うことで、よく笑い、積極的なはつらつとした性格に導くことができます。
歯並びやかみ合わせの観点から、お子さんの心身ともに健やかな成長を後押しし、見守ることができると考えます。

Home > 小児矯正歯科について

メタ情報

Return to page top