Home > 秀元会 グループが考えるこどもの矯正 子どもと同じ目線、大切にしています

秀元会 グループが考えるこどもの矯正 子どもと同じ目線、大切にしています

秀元会が考える小児矯正治療
子どもはキチンと話せばちゃんと理解してくれます。なぜ歯並びを治さなければならないのか、装置を使わなければならないのか、お子様への接し方のお手伝いから、モチベーション維持のためのコツやコミュニケーションの取り方までお話させていただきます。
当グループの各医院で一番重視しているのは、嫌がる子どもには慣れるまで治療を行わない様にしていることです。
子どもの時期に始める矯正治療は重要であると考える反面、それが原因で幼少期に嫌なトラウマが出来る事の方がより問題があると私たちは考えています。

子どもの歯科矯正治療に最適な時期とは

子どもの歯科矯正治療では、あごの骨の成長期と歯科矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。治療開始時期の違いによって治療結果に大きな差が生じてきます。一般的に、あごの骨が急成長するため治療を避ける「思春期性成長」の前後で、「第一期治療」と「第二期治療」の2つに分けて治療を行います。

抜歯を避けるために乳歯の時期から治療スタート

秀元会が考える小児矯正治療スタート
上あごは、7才から8才にかけての1年間で、急速に成長します。この時期に上あごの成長が遅れている子どもは、成長を促す治療、反対に上あごが突出している子どもはその成長を抑える治療が必要になります。
このように、永久歯が生えそろう前の乳歯が残っている段階で検査や治療を始めると、永久歯が生え揃ってからの本格治療(第二期治療)に向けて万全な準備ができるのです。永久歯が生え揃ってから治療を始めると歯を動かすスペースを作るために抜歯が必要になることがあります。
抜歯を避けるためには、自然にスペース作りの準備ができる乳歯段階での治療開始が最適です。
この段階での矯正を当グループ医院ではキッズ矯正と呼んでいます。

キッズ矯正3つのやさしさ

秀元会が考える小児矯正治療の優しさ

1.一本も歯を抜かない

拡大装置で拡大してスペースを作ります

2.早期歯科矯正治療

犬歯の生え変わり前にご来院ください。
早期治療で費用と時間が節約できます。

3.痛くない

キッズ矯正は歯の移動時の痛みが従来の10分の1です。

天然の歯でキレイな歯並び

秀元会が考える小児矯正治療|歯並び
当グループの各医院では単に歯並びをよくするだけではなく顔の骨格、かみ合わせなど全身のバランスを考えて矯正いたします。

早期に治療を開始すれば、装置の数も少なく費用も時間もかかりません。
「矯正を始めるにはまだ早いので、様子を見ましょう」と言われることがあります。
ある矯正専門医は、アメリカからの治療方法で処置しますので、第一小臼歯を抜歯することを前提とします。この治療法では犬歯が生える9~10歳頃まで様子を見ています。
歯が並ぶことができないのは、顎が萎縮しているからです。
放置していたら、顎は発育できません。
特に反対咬合のケースでは、前歯がロックして、臼歯部をうまく使うことができません。これは機能障害の状態です。
早く機能障害の状態を取り除いて、健全な口腔機能を持たせて、顎の正しい発育をはかるべきです。
お母さんが見て、おかしい状態は、歯科医師の立場から見ても何らかの問題はあるはずです。
犬歯が生え変わる前に来院して下さい。
犬歯の位置を治すためには、臼歯を後方に移動したり、前歯を前に出したりするため費用と時間がかかります。
どうか、様子を見ていて、手遅れにしないで下さい。

ですので、ご両親からご覧になって、お子さんの歯並びに少しでも不安なところが出た時点で、できるだけ早く矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

子どもの矯正治療にかかる治療期間

それぞれのお子さんのあごの成長具合や、それに伴った治療開始時期などによって違ってきますが、第一期治療で1~3年、第二期治療で2~3年くらいの治療期間となることが一般的です。

第一期治療にかかる期間(1~3年)

第一期治療にかかる期間(1~3年)
第一期治療は、基本的に歯が永久歯に生え変わるまでの期間の治療になります。お子さんの年齢でいうと、乳歯が永久歯に生え変わり始める6才ごろから、全ての永久歯が生え揃う12才ごろまでです。
この時期にバイトプレート、拡大床などの装置を積極的に使用した治療を行います。骨格的な出っ歯や受け口、顎のずれ等の改善や、永久歯の並ぶスペースを作るために顎の大きさを拡げるなど、この時期にしか効果を得られない、成長を利用した非常に重要な治療を行っていきます。
子どもの矯正治療では、かみ合わせの状態や成長・発育の段階にあわせて色々な装置を使用します。
代表的な装置に以下のようなものがあります。

バイトプレート

バイプレート
バイトプレートは噛みあわせの深さを補正する装置で、咬合挙上板(こうごうきょじょうばん)とも呼ばれます。
主に混合歯列期の過蓋咬合(かがいこうごう)の治療に使用され、低くなった噛み合わせを高くするために用います。下顎前歯が接触する、お口の中の天井部分、口蓋床部を樹脂で平坦に高く盛り上げたレジンのプレートが特徴です。
臼歯を挺出させ、前歯を顎の骨に押し戻す圧下によって、咬合(上下の咬み合わせ)の高さを上げます。

拡大床(かくだいしょう)

拡大床(かくだいしょう)
ネジの力であごの幅を拡大する取り外し式の装置です。装置の中央には、「拡大ネジ」とよばれるネジが埋め込んであり、このネジの幅を広げる力を加えることで、歯の土台となる歯槽骨を側方に押し広げる構造です。主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子様の第1期治療に使用されます。
症状によって、拡大床の治療のみで咬み合わせが改善する場合もありますが、通常は、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期にこの拡大床を使用したあと、全ての歯が永久歯に生えそろうのを待ってから、第二期治療としてワイヤー矯正を行うことが多いです。食事時に外せて子どもにとっても楽な装置です。

リンガルアーチ

リンガルアーチ
リンガルアーチは歯の裏側につける装置です。使用時期は6歳~10歳ほどで、主に歯列の側方拡大や前方拡大などを行います。裏側から装着するので表からは矯正しているように見えません。
奥歯にセメントで接着してありますので、自分で取り外しができません。反対に咬んでいる前歯などを改善します。

ヘッドギア

ヘッドギア
ヘッドギアは、あごを固定源として、ゴムの力で上あごの奥歯(第一大臼歯)を後ろへひっぱる装置です。主に上顎前突症(出っ歯)の矯正治療の際に使用される矯正装置です。短い時間でも毎日続けて使うことが大切で、一生懸命使えば、それだけしっかり歯が動きます。就寝時を中心に1日 10時間以上の使用が理想的です。
お子さまのお口の状態によってどのような装置を使うかは変わってきます。
ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

第二期治療にかかる期間(2~3年)

第二期治療は、永久歯が生え揃ってから、ブラケット(大人の装置)をすべての歯につけ、歯並びなどの細かい治療を行います。
ブラケット(大人の装置)は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています

小児時期・幼児時期での矯正治療

幼児時期とは

矯正治療における幼児時期とは
3歳から6歳頃の幼児時期は6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてくる前の時期になります。この頃の歯科矯正は本格的なものはほとんどしません。顎の発達もこれからのものとなります。
3歳頃になると大体の顎の形や口の形が決まってきます。この頃に出っ歯や受け口であったり、上下の歯のかみ合わせが合わなかったりした時は、一度矯正専門医の診断をお受けになったほうがいいでしょう。お子さんの症状によりさまざまですが、治療が必要となった場合でも、多くの場合は本格的な矯正治療ではなく、異常なあごの発達を防ぐ目的の治療が行われます。また、お子さんの歯並びや顎の発達の問題が本人の舌やお口周りの癖によって起こっている場合もあります。そのような場合は、癖を取り除く治療が行われることもあります。

小児時期とは

矯正治療における小児時期とは
矯正治療を始めるのに一番適切なのがこの時期となります。6歳臼歯(第一大臼歯)が生え始めてから、全ての永久歯が生え終わるまでの時期です。永久歯が生え始める6歳くらいからが矯正治療のスタートにもっとも適している時期です。
この時期の乳歯には歯と歯の間に隙間ができています。これはあごがきちんと成長している証拠なので安心してください。逆にぴったりときれいに歯が並んでいるようでは、一回り大きな永久歯が生え揃うスペースが足りなくなってしまいます。そのような状態の場合は、あごの骨を拡大する小児矯正治療が必要となりますので、矯正専門医の診断をお受けください。

Home > 秀元会 グループが考えるこどもの矯正 子どもと同じ目線、大切にしています

メタ情報

Return to page top