Home > 症状別不正咬合

症状別不正咬合

こんなかみ合わせや歯並びはよくありません

受け口(下顎前突・反対咬合)

子供の受け口(下顎前突・反対咬合)

下あごが上あごより突出しているか、上あごが下あごより後退している状態で、噛み合わせが逆になっているので反対咬合ともいいます。受け口を放置していると、成長期において下あごが過大に成長し悪化しますので、出来る限り早い時期に治療することをおすすめします。
受け口は見た目の問題だけでなく顎の動きを制限し、将来的に顎の痛み(顎関節症)を引き起こす場合があります。また、お子様の場合は、正常な上顎の成長を阻害する可能性があります。

反対咬合の原因

  • 遺伝によるもの
  • 永久歯への生え変わりがスムーズに行なわれなかった場合
  • その他、鼻の病気、舌の癖、舌が大きい、舌小帯

出っ歯(上顎前突)

子供の出っ歯(上顎前突)
出っ歯は「上顎前突」と言います。上の歯が出ている咬み合わせの状態のため、口元が出てしまい、口が閉じづらいため歯が乾きやすく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
また、咬み合う際、奥歯への負担が大きくなります。
お子様の将来的な、正常な下顎の成長を阻害する可能性があります。

出っ歯の原因

  • 遺伝的なもの(顎の骨格や歯の形態の出っ歯)
  • 成長期における指しゃぶり、舌のくせ、口呼吸など(歯の位置や角度の出っ歯)

がたがた・でこぼこ(叢生 -そうせい-)

子供のがたがた・でこぼこ(叢生 -そうせい-)
ガタガタ、でこぼこの歯並びを「叢生 -そうせい-」といいます。
見た目の問題だけでなく清掃しづらく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
また、顎の動きを制限し、将来的に顎の痛み(顎関節症)を引き起こす場合があります。

叢生の原因

  • アゴが小さい、歯が大きい
  • 乳歯の虫歯や奥歯の欠損(早期欠損)

咬み合わせが深い(過蓋咬合-かがいこうごう-)

咬み合わせが深すぎることを「過蓋咬合-かがいこうごう-」と言います。オーバーバイトとも言われ、咬んだときに、下の前歯が隠れてしまっており、前歯の咬み合わせが極端に深い状態です。
原因は骨格の遺伝的なもの、口唇や顎の筋肉が強い場合などが考えられます。

咬み合わせが深くなる原因

  • 遺伝的傾向
  • 唇を噛む、唇を吸う癖
  • 奥歯の欠損

前歯が噛んでいない(開咬 -かいこう-)

子供の前歯が噛んでいない(開咬 -かいこう-)
奥歯は咬んでいるが前歯は咬んでいない状態。奥歯でしか咬み合わず、奥歯への負担が非常に大きくなります。
また、幼少期の舌の癖や指しゃぶりが主な原因で、そのまま大人になると治療が難しくなる可能性があります。

前歯が噛み合わない原因

  • 遺伝的傾向
  • 指しゃぶり、唇を噛む癖、爪噛み、口呼吸、舌癖

すきっ歯

子供のすきっ歯

子どもの歯が生え変わりはじめる時期の6歳~7歳ごろは、すきっ歯になっていることが多いです。この時期は、子どものすきっ歯が気になる親御さんも多いことでしょう。
乳歯は永久歯よりも小さいので、隙間が開いている状態は、永久歯のためのスペースが確保されていることを意味しています。お子様の成長とともに、歯も大きくなったり伸びたりし、自然と隙間がふさがってくれば大丈夫です。
ただし、十分成長したにもかかわらず、すきっ歯になっている場合には、一度矯正歯科の検診を受けたほうがよろしいでしょう。

Home > 症状別不正咬合

メタ情報

Return to page top